ツレヅレゲキジョウ

インディーズ作家、ちょこの日々徒然なブログです。ダイアリーは本当にたわいもないことばっかりになりそう。作品一覧を載せたり、自作宣伝をしたりもします。

最初のキスは最高

久しぶりに大好きな映画を観ました。

「50回目のファーストキス」
いつの間にかもう10年前の映画になってしまってた。

最も好きな俳優アダム・サンドラーロブ・シュナイダーと一緒に出ているので、下ネタも満載だろうなぁと、初めて観たときには想像しながら見始めた。
予想どおり、下品なところいっぱい(笑)
ただ、そういうシーンは最初の方に多くて、ちゃんと観進んで行けば、状況描写にそれも必要だったのかなと思えはする。落差も必要だったのかもしれないし。

悲しくもラブリーなお話。
こんな風に思われたらって、夢見ちゃうようなお話。

一途って、どんな人でも突如そうなるものなのかしら。
いろんな形があるだろう一途の、理想的なかたちってどんなだろう。
一途って、どんな風に描いたらいいのだろう。

観ているときは、ただ映画の、アダム・サンドラーのファンなのだけれど、観終ってからは、こんな風に心を動かす作品が生れるには?って、あれこれ考えてしまう。
私だったら、こんなにもたくさんの口説き方を思いつくことができるかしら?


「50回目のファーストキス」、ヘンリーと同じく、私にももう何十回目のキスかになってしまったけれど、それでもやっぱり、このキスは最高。

 

tsutaya.tsite.jp