ツレヅレゲキジョウ

インディーズ作家、ちょこの日々徒然なブログです。ダイアリーは本当にたわいもないことばっかりになりそう。作品一覧を載せたり、自作宣伝をしたりもします。

求む、いつもの美容院

この街に越してきて一年半ちょっと。
やっとスーパーやパン屋さんの、私として使い勝手のいい場所が定まってきたのだけれど、美容室をどうしようかでずっと悩んでいる。

これまで住んでいた街は、カフェと美容院の数がとんでもなくたくさんある街だった。
なんとなく選んで試しに行ってみた三件目の美容院で担当してくれた人(生物学的に男性なんだけど行動や話した感じは女性)となんとなく気が合って、それからその店に通うようになった。

こんな髪形がしたいとリクエストしても、「それじゃあ似合わないからダメ」と言って、そういうふうにはしてくれず、「じゃあ、これくらいは?」と妥協案を話し合ってやってもらう感じで、納得いかない部分もあったけれど、最終的には私が好む雰囲気にしてくれるので通い続けた。

七年目くらいで、彼はその美容院を辞めてしまったのだけれど、その頃には他のスタッフの人たちとも顔見知りになっていたので、そのまま通い続けて、引越しをするまでのあいだ約十一年くらいお世話になった。
(途中、他のところにフラッと行くこともあったけど)

新しいこの街でも、そんなふうに、なんとなく行き始めていつもの美容院となる店が欲しいのだけれど、全然定まらない。

 

なぜ、来店したら居合わせたスタッフ全員と握手をしなければならないの?
出来上がりが好きだったけれど、この店には通えない。

 

なぜ、「カラーはしたくない」と言っても、黒髪では重すぎるとか、雰囲気が重いとか、理由を付けてカラーを進めるの?
さっきイヤだって言ったよね?

 

なぜカットした翌日に、再カットしないとダメだなって思うようなカットなの?
洗ったら出てくる切り残しってこんなにあるもの?

 

えっと、カットだけでシャンプーなしの価格が七千円?
なんだか不満なんですけど。
まあ、満足したら一万円でも安いと思うかもしれないし、満足できなかったら千円でも高いって思うだろうと、私だって思ってるけど、だいたいの相場ってそうじゃないよね?
シャンプーなしって最初に言ってよ。

 

そして今日訪れた店は、二回目の利用なんだけど。。。
うーん、悪い点もないんだけど、いい点もない。
一度目に行ったときに見かけたスタッフの人は一人もいなかったけど、そんなもの?

 

次はどこに行ったらいいだろう。
私はあれこれ行くのが楽しいタイプじゃないので、もう次回を考えて憂鬱になる。
カットしたいなって思ってから、実際に美容院に行くまで、どんなにお尻の重たいことか。
思い立ったらすぐ行ける、いつもの美容院が欲しい。
ああ美容院、美容院。。。